部下を上手に育てよう

部下の上手な育て方

>

部下の教育には

部下に対してのマニュアル

まず部下に対して教育を施すのならばそれをまとめ上げるマニュアルが必要でしょう。
しかし、そのマニュアルは他の誰でもないあなたが作り上げることになるのです。
なぜならば教育するのはあなたなので、会社の元からあるマニュアルの中で自分の理解している範囲の中でマニュアルを作成しなければなりません。
そうしなければ部下からあなたに対しての質問で答えられる範囲でないと、スムーズに教えられることができません。
なので自分が把握できるようなマニュアル本を作成しておき、部下にもわかりやすく簡単に説明をしておけるような内容を上司に確認してもらい、部下が来たら渡しておきましょう。
そうすればより早く理解してもらえるでしょう。

部下の教育は時間がかかる

あなたが部下に対して教育していく分、自分の業務内容もあるためどっちかに偏っていくと、自分の業務内容にも支障が出てしまう可能性があります。
もし自分の業務に集中して、自分の部下に対してぞんざいな扱いをしてしまったら部下からの信頼も得られずに部下を持たない上司となってしまうかもしれません。
なので自分の部下に対しての質疑応答はきちんと誠意を持ってしっかりと応えておきましょう。
その部下の質問によって、あなたが成長できるチャンスでもあるのです。
部下の目線からであなたや上司に気づかないことを教えてくれます。
その内容によって、部下への評価も上がり仕事の作業内容によっても効率が上がりいいことずくめになるでしょう。