部下を上手に育てよう

部下の上手な育て方

>

まずは部下を持つ前に

部下に教える前に

まずあなたが部下に教育をする前に、あなたがその部下に導いていけるような経験を得られ他のでしょうか。
人前でプレゼンをする、上司からの指示をこなす、社内や部門内での企画を立ち上げる、必ず社員になったら一度は通る道です。
その内容をこなして慣れて行ったのならば少しは部下にどのような手順や段取りで取り組めばいいかを教えることができるでしょう。
そうすることであなたが部下に対してマニュアルを、部下はその内容をきちんと勉強してさらに自分で考える力を具組むことができるというものです。
一般的に部下を育てるというのはこういうことなのですがこれはあくまで会社の中です。
他にも色々な職場があり様々な部下というような形での植生もあります。

部下の形はそれぞれ

例えば技能職であり、工事現場での上司部下、アーティストでの上司部下、一般的に呼ばれるのは弟子と師匠という間柄なのかもしれませんが、それらも大きく捉えると上司と部下というような形と捉えていいでしょう。
その間柄は上司が部下に業務内容を教えるのは当たり前ですが、技能では見てすぐに身につくものではありません。
道具の使い方、ものの作り方、どれも上司と部下と同じ物が作れるとは限りません。
それが会社員との異なる教育方針の内容だと思われます。
道具の使い方を教えてもらうだけで、物を作る、物を使う感覚は自分で研ぎ澄ますていくように練習しなければなりません。
会社員の業務と違って、上司の技術を取り込んで自分で覚えていくしかないのです。