部下を上手に育てよう

部下の上手な育て方

自分の経験をバネに教えよう

部下を持つ前にあなたが新入社員として、先輩から教わったことはありますか。
まずは自分が部下という立場から仕事が始まるものです。
となるとその時は会社の規定やルールなどが書かれている書類を参考に見ているだけではわからないことが多く、先輩たちの行動を見て何がセーフなのか、何がアウトなのかを判断するための観察力が必要ですね。
また先輩の行動を黙って見ているだけではなく、業務請負に関する質問などをすることでどのようなプロジェクトが進められているのか、また店の経営方針での一端に触れることができどのような経営に携わっていけるのかを考えることができます。
そうすることであなたの中で会社の、または勤め先での中で自分の仕事内容を把握することで会社の社員たちと進むべき方向が一緒になり社員と同じ方向で仕事をしやすくなりみんなを導ける力を手に入れられることができます。
導けるような力を手に入れたら、今度はあなたが長年で身につけた能力であなたの部下ができたときにその力を遺憾なく使ってみましょう。
いきなり部下ができたとしても教えられるような技術、能力がなければ部下を持つのは難しいかもしれません。
もしその状態で部下を持つことになったのならば、あなたの直属の上司に相談をしながらあなたが部下を教育するという体制で行いましょう。
そうすればあなたが部下の教育で困った時に上司に相談して、どのように対処すればいいか少しでも助かるかもしれません。

まずは部下を持つ前に

近年、職場にて先輩後輩関係、上司部下の関係が着想している社会の中でなかなか仕事に関しての教育をするのが難しいという人がかなり増えています。 もしあなたが部下を持つようになったらどのように教育していくのでしょうか。 そのような悩みを解決するために、今からできることをしましょう。

部下の教育には

もし部下の教育を行うとしたらまずは教育者として今後の方針を決めなければなりません。 部下にどのような仕事をさせて、将来どのようなスキルを持たせてどこのポジションにつかせるなどそのような会議をしなければなりません。 そうしなければ部下の方も自分がどのような仕事をしていけばいいかわからないでしょう。

焦らずに自分のペースで

もしあなたが初めて部下を持ったとしたら、部下の前ではどのようにしていけばいいかわからなく緊張する人も多くいるかもしれません そんな時は迷わずに部下のところではなく自分の仕事に集中してみるといいでしょう。 そうすることで自分の中での緊張がほぐれていきより集中しやすくなりやすいと思います。